AGAセルフチェック~AGAの症状~

AGAは男性型脱毛症のことをさしますが、自分の頭皮にこの症状が現れているかどうかはセルフチェックすることができます。以下に述べる項目のなかに、ある程度自分の状況と一致するものがある場合は、すでに症状がでている可能性が高いでしょう。
まず薄毛を自己認識しているかどうかの確認が必要です。鏡に映る自分の生え際や頭頂部が薄くなっているように感じる場合は、AGAを疑っても差し支えありません。毛髪にハリやコシがなくなってきているとか、毛髪そのものが細くなっていると感じる場合もAGAの可能性があります。
またAGAには遺伝的な要素も大きな影響を与えます。父親や母親、あるいは父方もしくは母方の祖父母の中に薄毛の人がいる場合は、現在は毛髪に関してそれほど心配しなくてもいい状態にあったとしても、将来的に発症する可能性が高いので注意が必要です。
さらに見た目にはそれほど変化を感じていなくても、抜け毛の量が以前よりも増えている場合はAGAの症状が現れはじめているかもしれません。AGAには毛髪の生成から抜けてしまうまでの期間、いわゆるヘアサイクルや毛周期と呼ばれる期間が短くなってしまうという特徴があります。そのため抜け毛が増えるというのは、この症状が現れている証拠ともいえることなのです。お風呂の排水溝にやけに毛髪がたまるようになったり、朝起きた時に枕などに抜け毛がたくさんついているのが気になるようであれば、AGAを発症している可能性を疑ってもいいでしょう。
生え際や頭頂部の見た目、毛髪の質の変化、遺伝的な要素、抜け毛量の増加など、上記に揚げた項目の多くに該当するのであればAGAかもしれません。この症状は早期に治療を開始することで改善できる可能性が高くなりますので、できるだけ早く医療機関を受診しましょう。
◆AGAに悩み始めるとそれがストレスで余計に髪が抜けることもあります
AGAなら早目に対処
◆AGA治療薬は継続して服用する必要があるので、出費を考えるとジェネリックの方が服用を継続しやすいです
フィンペシア

トップページへ