タバコはAGA治療にもルミガン使用にも良くない?

男性にとって深刻な悩みの一つであるAGAは、男性ホルモンが影響しています。

男性ホルモンは毛だけでなく体の様々な部分にも影響しているものですが、AGAは男性ホルモンであるテストステロンが5α‐リダクターゼという還元酵素によってジヒドロテストステロンに変換し、それが毛乳頭の受容体と結合することによりTGF-β1という因子が生成されます。

この因子が脱毛を起こす原因とされているため、AGA治療を行う場合は還元酵素を抑制する作用もある育毛剤や、血管を拡張させる育毛剤などを使用して髪や頭皮を良い環境にして育毛を促すサポートをします。

ただ、AGA治療を行う場合はタバコの喫煙を控える必要があります。

治療の準備としてまずは禁煙からという病院もあるくらいタバコは髪の育毛の妨げになると言われています。
なぜなら、タバコのニコチンには血管を収縮させる作用があるので血行不良となることと、タバコを吸うことによって毛細血管が細くなり髪や頭皮に十分に酸素や栄養が行き渡らなくなるからです。

また、同じ毛を生やす作用があるとして、美容皮膚科や美容クリニックで購入できるまつ毛専用育毛剤のルミガンがあります。
ルミガンはもともと緑内障の治療薬でしたが、副作用としてルミガンの液が付着した場所の体毛が濃くなるという作用があるのが発見され、最近ではまつげ育毛剤として注目を集めています。

まつげを生やすのですから、それはやはり髪を生やすことと同じくタバコの喫煙をしていることで発毛が妨げられることがあります。

つまり、AGA治療にしてもルミガンにしても発毛や育毛を考えているのであればタバコは控える必要があるというわけです。

だからといっていきなりやめると、それがストレスとなり発毛や育毛に影響することもあるため、徐々に本数を減らしていくことをおすすめします。

トップページへ