親もAGAだという人の海外製品を用いた対応

親がAGAで薄毛だと自分も遺伝して薄くなると心配する人がいますが、遺伝するのは薄毛になりやすい体質だけで、必ずなるものではありません。同じ環境で過ごし対策を何も講じていなければ、それだけ薄くなってくる確率は高くなります。母方の遺伝情報の影響を受けやすいため、母方の祖父がAGAであれば薄毛になりやすい体質を引き継いでいる可能性が高くなり、若いうちから注意するべきです。

親からの遺伝子を引き継いでいても、男性ホルモンのテストステロンの分泌量や還元型酵素の5αリダクターゼ、さらには男性ホルモンを受容するレセプターに違いが出てくるので、人によっては親よりも薄毛になる人もいますから、あまり親や遺伝子を気にせずに病院で治療を受けたり、自分で対策を行ったほうが着実な効果が期待できます。情報の共有を行うことは大切で、親が効果があった治療法などは自身にも効果的である可能性が高いです。

AGAに効果が期待できる育毛商品は日本製のものもいくつかありますが、海外製を利用することを検討してみましょう。品数が豊富にあるため、自分の頭にあった製品を見つけられる可能性が高いですし、海外製品の方が日本製よりも格段に安い価格で入手ができます。日本でのAGA治療は、薬代も含めて健康保険が適用にならないため割高です。ジェネリック医薬品も多少買い求めやすくなる程度です。日本だと1錠辺り数百円する場合もありますが、海外で販売されている薬では数十円で済むほど価格の差があります。

AGAを改善していくためには長期的に服用していく必要があるので、費用面を見ても海外の薬を求めたほうがお得に済ませることができます。個人輸入の代行業者を利用すれば、誰でも簡単に目的の薬を買い求めることが可能です。

トップページへ