AGAに対する発毛育毛方法は発毛可能なのか

AGA対策をするための発毛育毛において、発毛可能であるのかどうか、ということは、生活習慣がどのぐらい改善されるのか、ということに影響されます。AGAとは、男性ホルモンの働きが強くなってしまい、頭皮の環境が悪化してしまい、脱毛が引き起こされてしまう、ということです。そのため、男性ホルモンの働きが強いことが原因で脱毛をしてしまった場合には、AGAの発毛育毛を行うことで、症状を改善することができますが、そのほかが理由の場合には、発毛可能なのか、ということが問題となります。
結論から言うと、発毛可能です。その理由は、AGA対策の発毛育毛方法においては。単純に男性ホルモンの分泌量を調整するためだけではなく、生活の環境も改善することになるからです。
薄毛となってしまう男性ホルモンは、ジヒドロテストステロンです。この男性ホルモンは、テストステロンが変形した形であり、ジヒドロテストステロンが分泌されないためには、テストステロンを変形させてしまう酵素の分泌量を少なくする、ということが目的となります。
テストステロンを変形させてしまう酵素の発生を防ぐためには、ストレスの無い生活や食生活の改善、規則正しい生活を行うことが必要になります。健康的な生活を送ることにより、原因となる酵素の発生を抑制することが可能になります。AGAの発毛育毛方法では、規則正しい生活を送ることが必要になるのです。
このように、AGAではない薄毛においても、発毛可能となるのは、食生活の改善と生活リズムを正常化を行うことになるからです。遺伝的要因の少ない薄毛であるのならば、ストレスを解消し、生活環境を良好にするだけで、頭皮の環境を正常化することが可能になります。

トップページへ