AGAは早めの対策が吉

男性にとって若くして薄毛に見舞われるのは精神的にもとても辛いことです。もしもその原因が頭皮環境の不衛生化によって皮脂や角質が毛穴を塞いでいることにあるなら、スカルプシャンプーでそれらを取り除くことも有効ですし、あるいは生活習慣を見直して頭髪の成長を阻害するものを改善することで大きな効果を得られる場合もあります。

一方でAGAによる薄毛を発症しているのであれば、できるだけ早めに医師の診療を仰いだり、あるいはAGA治療のための特効薬を服用するなどして治療に努めることが重要です。AGAとは男性ホルモンと頭皮にある5αリダクターゼという酵素が反応してDHTという物質を作り出すことで頭髪のヘアサイクルを乱し、抜け毛や薄毛を増長させていく病気のこと。この病気を発症する原因としては様々な可能性が指摘されていますが、その中のひとつには遺伝によるものが挙げられます。親族、特に母方の祖父などに薄毛の人がいる場合には自分自身もいずれ同様の薄毛に見舞われる可能性が強いですので早めに対策を打つことが必要です。

AGAの特効薬としてはフィナステリドという成分を含む錠剤などが一般的ですが、これらはAGAを発症した初期段階では大変効き目が現れやすく、服用し始めて数週間程度で頭髪の毛質が太くなったり、コシが出てくるなどの変化がみられるようになります。一方で治療を開始するのが遅くなってしまうと、こういった治療薬を服用してもヘアサイクルを正常化するのに時間がかかってしまい、効き目をもたらすのにも長期間を要するようになってしまいます。

そのため遺伝的な関係でAGA発症の恐れがある人は20代の頃から備えて生活習慣に気を使ったり頭皮状態のチェックを常日頃心掛けるなどの準備をはじめて、もしも薄毛の兆しが見られたら早めに治療薬を服用して症状を抑えることが重要と言えるでしょう。

トップページへ